マンションの大規模修繕工事

マンションの大規模修繕工事に関しては、まずは毎月の修繕積立をある程度行っていれば、十数年経過する建物に対して修繕工事を行う流れとなります。業者の選定なども、ある程度実績のある所でお願いしていく事となり、マンションの共有部分や外壁工事として、塗装をしながら新しく変えていく事となります。毎月の支払を行う中で修繕積立の金額を貯めて置けば、ある程度そこで生活を行う部分として考えていけば、それぞれに修繕を行う流れとして考えて行く事が出来ます。そこで古くなった建物を改修していく流れとして考えると、やはり大規模で行う改修工事の部分としては、十数年に一度は考えながら対応していく事となります。そこを踏まえてより良い物件の修繕工事を行う事が出来れば、素晴らしい状況としてそれぞれ生活を行う事が出来る状況となります。

マンションの大規模修繕に際して留意すべき点

マンションの財産価値を維持するために、月ごとに修繕積立金を管理組合に支払っていますが、いざ大規模修繕となると大変重要なイベントになりますね。そこで成功させるポイントを3つあげると、①調査段階での見積もり比較、②請負会社から指名された現場代理人の選定、そして③着工後の各段階での工事完成具合の経過監査があげられます。まず①では、見積もり比較のための工事計画ヒアリング会を行い、安全面、品質面での具体案を比較検討し、住民の賛成多数を持って業者決定されます。②現場代理人は工事全般の監督責任をはたすものとして、十分な経験と知識、判断を持ったものが選定されていることが成功の秘訣です。また、③では、経過監査のための具体的な方法として「定例工事報告会」を実施し、工期の遅れ・手直しなどの措置を早め早めで措置することが予算オーバーにならず、品質管理されることになるでしょう。

マンションの大規模修繕についての重要事項

マンションで大規模修繕工事を行うにおきましては、管理組合が修繕しておくべき部分と、そして区分所有者が修繕するべき部分を明白にさせることが必要不可欠になります。管理組合が修繕しておくべき部分は、屋上における防水、あるいは外壁、そして共用廊下、さらにエレベーター、それに駐車場、それから給排水管などのいわゆる共有部分になります。給水管や排水管などは、共用部分と専有部分が一体化していますが、給排水管の工事という形で、共有部分についても専有部分についても一丸となって手がけるのは普通です。その理由については、共用部分ということになります立て管を修繕しましても、居室内に存在する横引き管が旧態依然としたままでは修繕の成果が得られないからだといえます。ですから、事前にしっかりと修繕計画を適正に立てることが重要になります。